暴露!「グローバル・ビリオネア・クラブ」泉忠司氏 口コミ 評判 詐欺

泉忠司氏のプロフィールを簡単に紹介すれば、高校時代に偏差値30から半年で全国模試で1位になり、「リアルドラゴン桜」とも呼ばれ…その他、大学の人気講師としての活躍を経て、著書は52冊にわたり、累計での書籍の販売数は350万部を超え、まさにミリオンセラー作家としても知られています。世の中の疑問の約80%は、ネットで検索出来ると言われる世界です。何も、泉忠司氏に「上から目線」で「それ、知りたい?」「お金を出せば、知り得る権利を与えるよ!」なんて言われる筋合いなんかありません。でも、どんな情報でしょう?「100万円預けると、1年で200円の利子がつく銀行」と「100万円預けると、1年で20万円の利子がつく銀行」とあなたはどちらの銀行にお金を預けたいですか?というものらしいです。

上から目線で「3万円払えば、仲間にしてやる」なんて言われても、「そうですか…」と、ヨダレを垂らすとでも思っているのでしょうか?。泉忠司氏といえば、いろいろな肩書きを持っているので知っている人は多いでしょう。動画の中では「私の持っている情報を共有するのは、1000万円以上の価値がある」と、これまた上から目線で言っていたと思えば、急に…「入会金30万円のところ、今決めれば3万円」だとか、「仲間作りなんだから、年会費は頂きません」などとさも殊勝なことを言っていますが…それにしても、1000万円の価値が、急に3万円になりましたね…これは、ヤシやサクラ、もっと言えば「詐欺師」がよく用いる手法です。もちろん利子の高い銀行が良いに決まってますし、それがどこかを知りたければ、ネットで検索し比較することも出来ます。

別に、情報を得るために泉忠司氏と仲間になる必要などありません。今度の「グローバル・ビリオネア・クラブ」への誘いでは、豪華でリッチな雰囲気を漂わせながら、「情報は、上流から下流へ流れる」と当たり前のことを言い…「私と同じ情報を得たくはないですか?」と、かなり上から目線で「お金を出せば、仲間になれる!」と誘っています。その後、また蝶之舞さんと組んで「もうセミナー活動から引退する」と宣言したオファーを出したと思ったら…今度は、そんな宣言など「どこ吹く風」とばかりに戻って来て、これまた「あの常連」の人たちとカムバックしています。この「ドラゴンバタフライ」と呼ばれたオファーは398,000円もする高額塾でしたが…誰でも出来る「電子書籍の出版」をすれば億というお金が稼げると誇大宣伝をして集客し、結局は途中で投げ出してしまい、ネット中に悪評が広がりました。

いろいろ泉忠司氏について紹介したのは、泉氏が「実際は」どういう人物であるかということにスポットを当てる必要があったからです。一方で、ネットの世界では、以前…まぁ「悪名の高い」蝶之舞さんと組んで、「詐欺である」とネットで叩かれたオファーをいくつか出しました。さらに、泉忠司氏のオファーは続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加