検証!「YouTube自動キャッシュロボット!」友利 絋大氏 口コミ 評判 詐欺

9月に、小野里はじめ氏と二人で、「YouTube資産型セミナー」という無料セミナーを開きました。内容としてはイマイチで、今回のレターと同じような触れ込みで人を集め、最終的に何百万という高額塾のオファーがあったということです。要は、自動化すればするほど差別化がなくなり、「稼げなくなってしまう」、となるわけですね。…ということは、どちらかが偽名ってことですね!さて、このオファーがいう「キャッシュロボット」ですが…することは、…と、まるで簡単です。やはり、友利紘大さんは白石達也さんの弟子だということで、「ハンモックYoutuber」のような手法になるのでしょうか。

今回は、「キャッシュロボット」なるものの商品価値を試すまでもなく。実際に、動画の中でも、次回予告で話していますが、「決められた文言とURLを、コピーして貼り付けるだけなんです。これは、白石達也氏の「ランドオブハンモックユーチューバー」の「YoutubeATMシステム」を、「Youtube自動キャッシュロボット」という言い方に変えただけのようです。ここで、第1話の動画を見てみましょう。そういうものに幻想を抱かずにセールスレターを読むと、このように、YouTubeの世界では誰もが認める…ヒカキンさんやマックスむらいさん、バイリンガールさん、はじめシャチョーさんといった著名なYouTuberたちに対し、「序の口レベル」などと言っていますが、友利絋大氏は彼らほど稼いでないるわけではないですし、「よく言えるな!」と、説得力が全くありません。

YouTubeでよく見かける、動画の冒頭に15秒くらいの「Youtubeの動画で毎月100万円稼ぐ方法教えますよ」というCMがありますが、その中に…「詳しく知りたい場合は説明欄を見てください」というところの説明欄に…「決められた文言とURLを張り付ける」、という流れです。」つまり、Youtubeを使って、高額塾や情報商材などの販売サイトに誘導して、アフィリエイトを行うという手法ですね。ただ、このノウハウを実践するにも、肝心の動画を用意する必要がありますし、仮に、動画が素材として用意されたとしても「みんなが同じ動画」で、「みんなが同じ文言とURL」となると、どれもこれも同じ内容になるので、当然、飽和という問題が出てきます。つじつまが合いませんが、いずれにしろ、友利絋大氏の収入は、YouTubeの広告収入がキモではないということになりますね。そもそも、白石達也氏のやり方が、「YouTubeでYouTube商材(つまり、ランドオブハンモック)を売りましょう!」、というものですから、情報商材を知らない人に興味をひかせ、購入してみたら、「その商材を同じように売れば儲かりますよ!」…という勧誘されることになります。

友利紘大氏は、あの「ランドオブハンモックYouTuber」で知られている白石達也氏の弟子で、白石塾の人物です。これだと月収300万円には到底届きません。そんなロボットがあるのなら、誰でも欲しいでしょうね。実際にプロフィールを見てみると、実績にもあるように、自身の運営チャンネルは、動画の再生回数が720万回ということです。このオファーを提供している友利絋大氏について、ネット上でもいろいろ評価されていて、その中でも”知っておいた方が良い”情報もあるので、ここで少し…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加