検証!「AWAウルフメソッド!」中野慎介氏 口コミ 評判 詐欺

結局、「東京大学国際金融研究会」とは、何も権威も権限もない、要は、タダの「サークル会」ということになりますね…。まぁ、東大という名称を使えば、さも権威があるかのように凄く見えるという効果なのかもしれませんが…これは、あまりにも「酷い!ですね…!そして…、・凄すぎて映画になったこのビジネス…ということですけど、ちなみに、「映画 金融 ディカプリオ」でググってみると、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」というのが出てきます。ただし、最初のURLの、AWA_lp01は、AWA_lp02となって開きます。実はこのオファー、今年の9月上旬から出回り始め、ツイッターや他のSNS、また色々なメルマガで「号外」などとオプトイン広告を出したりと、広範囲にばら撒かれていたものですが…どうやら…、また拡散を狙っているようですね。この2つのオファーに共通しているのは、もちろん同じキャッチフレーズが並んで出て来ますが、ここで……と、まるで脅かしているように言っています。

正直、「これはないだろ…!」と、はっきり言って、中身がどうの…という以前に色々不自然で、「突っ込みどころが満載」のオファーが来ました。しかし、良く見てみると、「特定商取引法に基づく表記」が、それぞれ違っていますね。・東京大学国際金融研究会認定・ニューヨーク証券取引所 本副会長が主幹事・凄すぎて映画になったこのビジネス・日本発上陸・再現性100%・面倒なし、飽和なし、資金なしなどなど…まるで、「疑問」のオンパレードのようなキャッチコピーで溢れていますので、まずは見てみます。つまり、冒頭の画像には戻れませんが、新しい似たようなランディングページとなって表れます。しかも、別のlp02では、そのリンクさえもが消えています。

冒頭の「デ◯カプリオも驚嘆!」とか「ウルフメソッド」という商材の名称からして、その「凄すぎて映画になった」というのは、おそらくコレのことでしょう。冒頭のAWA_1p01での表記とは、会社名は同じですが、住所と連絡番号、メルアドが違っています。最初のLPでは、・所在地 東京都港区西新橋2-15-17レインボービル10階     販売事務局・TEL 03-5439-6369 受付時間10時~17時・メールアドレス awainfo@awa-wolf.netですが、2枚目の方は、・所在地 東京都港区麻布十番1丁目2-7 ラフィネ麻布十番     701号室 販売事務局・TEL 03‐6821‐4561 受付時間10時~19時・メールアドレス awainfo@awa-wolf.info同じ「募集」なのに、なぜ住所や連絡番号、メルアドが違うのでしょうか?2つ目の「突っ込みどころ」は、・東京大学国際金融研究会認定とありますが、lp01からのリンクからリンクすると、行き着くのは、お世辞にも興味が湧くと言えるようなホームページではありません。まず、このオファーは異なるLPを出しています。表紙はそれなりに綺麗に作ってありますが、内容は何もないというサイトで、まるで表紙だけで、コンテンツも酷いものです。

まぁ、よくある、「何回でも出て来るよ!」式に、閉じても、開き直すと、やっぱり出て来るのですが…。この中野慎介氏によるオファーは、・このページは一度閉じてしまうと2度と表示されません。おまけに、これは今年の6月に出来たばかりのようですし、販売会社の設立もやはり同じで…なんと7月30日と、つい最近です。しかしその映画は、中野慎介氏が言うウルフメソッドのような特別にスゴイ投資案件を扱った内容というわけではなく…1ドルにも満たない株を巧みな話術で売りつけていく、ディカプリオが演じる伝説的な株式ブローカーの、ジョーダン・ベルフォートの成り上りと転落の人生を綴った回想録…『ウォール街狂乱日記ー「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生!』を映画化したものです。このオファーが出回ったのは9月の頭ですから、販売会社もその「怪しい研究会」も、まるでオファーのために慌てて用意したという印象です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加